Web開発者の日常

主にプログラミング関連。たまに日常も綴ります。

CODE THANKS FESTIVAL 2014 に参加しました

time 2014/12/09

名札

こんばんは!

ご無沙汰してます。最近はバイト戦士というより就活戦士になっている たけ です。
何と戦っているのか… 己と戦っています。

そんな訳で、最近は札幌と東京を頻繁に行き来していて最早どちらの住人か分からなくなってきましたが、今回は珍しくは就活ではなく CODE THANKS FESTIVAL 2014 (A 日程) に参加してきました!

株式会社リクルートホールディングス主催のオンサイト競技プログラミングイベントで、交通費全額支給と聞いて参加しない選択肢はありませんでした。

100名近くの参加者が集まり、熱いイベントとなりました。

出題された問題はオープンコンテストの方で誰でも解くことができます。

 

5 問完答 (AC) すると CODE THANKS FESTIVAL のトートバッグが貰えると聞いて、こんなことを言っていましたが… 問題を解いている内に、これは無理なんじゃないかと。

3 時間で 5 問完答は厳しいという自分の非力さに気付かされます。

順位表

順位表

結果、終了まで 30 秒を切ってからヤケになって提出したコードが一発 AC で通りました…。ギリギリ 5 完達成。

FA (First Answer) を狙って C 問題から取り掛かりましたが、 3 分も掛かってしまった事がバレる、、恥ずかしい><

C → A → F (手元でサンプル通らなくて諦める) → B → D 問題読みながらお昼ごはん (何度も標準出力へ書き出す実装をしてしまい TLE*2) → E (滑り込み AC)

という流れで解きましたが、お昼ごはん前に集中力が切れてゴミみたいなコードを書いていました。

美味しいお弁当を食べたら少し体力が戻って、最後まで眠くならずに取り組めたのは良かったと思います。

因みに、言語はもちろん JavaScript です。

懇親会の時に、なんで JavaScript で競技プログラミングしようと思ったの?wと聞かれましたが、 Web 開発メインで競技プログラミングの人ではないので、選択できる言語の中で JavaScript が最も書ける言語だったというだけです。

もし JavaScript が使えなければ、 Ruby か D を勉強して解いていたと思います。(C, C++, Java は普通に書きにくいと感じるので…)

 

懇親会では、書道コーディング、DDR、太鼓のブースが設置され、盛り上がりました。

T シャツとトートバッグ

T シャツとトートバッグ

T シャツは全員に配られました。 今度のペアプロ に着て行こうかな…

他の参加者とオンサイトならではの交流ができ、非常に楽しい 1 日でした。

以上です。

 

競技プログラミングなんてやったこと無いよ!という人でも、今からやりましょう

きっと、来年も同じようなイベントがあれば参加できるでしょう。

そして、思いのほか女子が多かったので女子も楽しめると思います。

お疲れ様でした。

 

sponsored link

ブックマーク



アーカイブ

2017年3月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031