SIMロック解除端末で楽天モバイルを開通する

             

楽天モバイル (MNO) の SIM が先週届きました。

1年無料1とのことで、公式で対応を謳っている端末は手元にありませんが人柱になるつもりで契約してみました。

手元にあるのは au モデルの Xperia X Performance (SOV33), docomo モデルの Xperia XZ Premium (SO-04J) です。

公式で楽天回線に対応していない端末での、開通までの手順をまとめたいと思います。

免責事項

開通

対応する周波数帯を調べる

SIM ロック解除したスマートフォンを楽天モバイル等の他社回線で利用する場合は、その回線で使用する周波数帯に対応している必要があります。

楽天モバイルでは、次の周波数帯(バンド)を使用します。SOV33, SO-04J の対応状況は以下の通りです。

端末 楽天回線エリア (LTE Band 3) パートナー回線エリア (LTE Band 18)
SOV33 o o
SO-04J o x

SO-04J は LTE Band 18 に対応してないため、パートナー回線エリアでは使えないと思われます(要検証)

SO-04J

SO-04J の方は、SIM を刺しただけで開通しました。APN は自動的には設定されないので、こちらの情報をもとに設定します。

APN名 楽天(rakuten.jp)
APN rakuten.jp
MCC 440
MNC 11
APNタイプ default,supl,dun
APNプロトコル IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル IPv4/IPv6
PDPタイプ IPv4/IPv6

※APN 名はこの表の通りである必要はなく、自身で判別できれば何でも良いです。
※PDP タイプに関しては、設定項目が存在しない端末もあります。

APN を設定すると、楽天回線エリア (LTE Band 3) でデータ通信と通話 (VoLTE) が可能になりました。

※通話は Rakuten Link というアプリを使用した場合に基本無料となるので、後述する Rakuten Link を使う事をお勧めします。

SOV33

SOV33 の方は、SIM を刺しただけでは圏外のままで、Rakuten ネットワークは認識されませんでした。ひと手間必要です。

※結論から書くと、データ通信はできましたが、VoLTE による通話はできませんでした。SOV33 では Rakuten Link からのみ通話可能です。

  1. SO-04J の時と同様に APN を設定する
  2. 携帯電話情報で、優先ネットワークの種類を設定の項目を LTE only に設定
  3. 一度機内モードにしてから戻し、ネットワークに再接続を試みる
  4. 利用可能なネットワークで Rakuten or 44011 が表示される事を確認し、選択する

携帯電話情報を開く

ダイヤラーで *#*#4636#*#* (INFO) を入力すると、テスト中というアクティビティが開きます。

一番上の携帯電話情報を開きます。

au モデルの Xperia 等、一部の端末ではダイヤラーから開けないように制限されている事があります。

その場合は、 ショートカット+ 等のアプリを使用して、アクティビティを直接開きます。

テストで検索

起動してみる

携帯電話情報を設定する

こちらの画面のように、優先ネットワークの種類を設定の項目で LTE only を選択します。

テスト中

携帯電話情報

利用可能なネットワークを選択する

利用可能なネットワーク

利用可能なネットワークに表示されない場合や、次のようなエラーが表示されて接続できない場合は、APN 設定を見直した上で一度機内モードにして戻すなど試してみてください。

通信サービスなし

接続失敗

接続に成功すると次の表示になります。

接続完了

Rakuten Link は RCS (Rich Communication Services) で、通話やメッセージ、SMSが利用できます。

端末が楽天回線で VoLTE 未対応でも、 Rakuten Link 経由での通話が可能です。

※フリーダイヤルや緊急電話は Rakuten Link からかけられません。通常のダイヤラーに切り替えて発信されます。

初期設定の手順については公式の情報を参照してください。

Rakuten Linkの初期設定をする | Rakuten Linkのご利用方法 | お客様サポート | 楽天モバイル

※楽天回線エリアでないと SMS 認証ができないという噂もあります。

通信・エリア | 楽天モバイル

使い心地

1週間ほど使ってみましたが、最近はずっと家にいて楽天回線エリアから出ていないので、常に安定して繋がっています。 現在のところ、日常的に 70Mbps 以上出ており、速いときは 100Mbps を超えます。

4/18 15時頃

4/13 13時頃

パートナー回線エリアで実際に繋がるかは、今後楽天回線エリア外へ出る機会に試したいと思います。

Rakuten Link による通話に関しては、音質は VoLTE に比べると断然劣り、3G の通話と同等かそれ以上に悪いように感じます。 しかしながら1時間ほど連続で通話してみたところ、途中で切れることや遅延や雑音が気になるといった事はなく、普通に通話する上で何ら問題はありません。

先日、Rakuten-UNLIMIT 2.0 ということで プラン内容にアップデート がありましたが、国内でパートナー回線に繋がった際の月間データ容量が増加 (2GB→5GB)、データ容量消費後の通信速度が緩和 (128kbps → 1Mbps) されるという嬉しいサプライズでした。

まだまだ楽天回線エリアが狭い現状で、非常にありがたいアップデートですね。

※通信量無制限のプランですが、「公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことあり」との注釈があり、実際に1日10GBを超過して速度制限がかかったという話もあります。常識的な使い方であれば全く問題ないでしょう。

楽天モバイルは今契約するべきか否か

メインの端末とは別に端末を持っている方にはお勧めです。

特に楽天回線エリアに住んでいる方は、契約した方が良いでしょう。

私は2つの端末でそれぞれ1回線ずつ運用していますが、楽天モバイルが思いの外使い物になるので、節約のために MVNO を1回線解約しました。今は docomo と楽天モバイルの2回線です。

現状、万人におすすめできるものではありませんが、1年間は無料(別途事務手数料3,300円)なので、サブ回線としていかがでしょうか。

今なら次のキャンペーンが開催されているので、事務手数料分以上のリターンがあります。

紹介キャンペーンも行っているようです。

楽天モバイルを契約している知人が居ないという方は、こちらの13桁の紹介コード (楽天モバイルID) を使って2,000ポイントを手に入れてください。

2020030300327


  1. https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/ ↩︎